セフレというと大人の関係だけど!その中でも大人のセフレと認識されるのは

セフレという言葉、大人の関係という感じなので憧れを持つ人もいるでしょう。

実際、割り切りを知っている大人同士のセフレ関係というものは重さもなく楽しめるところがメリットです。

身体だけの関係だけど、でも趣味とかもそこそこあっていて、ピロートークも楽しい、もちろん身体の相性も抜群となれば、言うことはありませんね。

こうした大人のセフレ関係を作って継続させるには、なにか注意が必要なものなのでしょうか。

大人の関係のセフレを作る時には

大人の関係のセフレ、それなりに長期間の付き合いが可能で、決して相手の立ち入りすぎずに、互いに楽しむことのできる関係です。
身体の相性もですが、気持ちというか心の相性も必要ですね。

趣味の一致とかもあると、ピロートークも楽しくなります。

そんな相手を選ぶこと、これ恋人選びよりも難しいかもしれません。

べったりの恋人関係なら結構こうした条件クリアできますが、割り切りのセフレ関係の場合見つけるのが難しいと心得ておいてください。

普通にセックスするだけの相手なら、まあ簡単に声かけて相手もその気ならそれでOKです。

でもこうした条件の難しいセフレの場合、2つのルートのどちらかで探すことをオススメします。

1つは、身体の関係を持ってしまった相手から、こうした長期の大人のセフレを選ぶことです。

すでに身体の関係があるので、そちらの相性はわかっています。

それに加えて、気持ちも何気にフィットする相手なら、長期のセフレとして付き合っていけるということです。

もう1つは、声掛けとか出会い系のマッチングの時、焦って先に進まずに充分に相手を知ってから先に進むことです。

身体の関係の前に、相手の性格などよく見て、大人の関係のセフレになれるかどうかをチェックするのです。

割り切った大人の関係のセフレの条件は

大人のセフレの関係と言う場合、いくつかの条件クリアが必要です。

まずは相手に必要以上に立ち入らないということです。
もちろん相手が話を振ってくれば、愚痴など聞いてあげるのもいいでしょう。
でも踏み込みすぎないことです。

相手があまりにも立ち入ってきた時には、関係を切ることも必要になります。
セフレはセフレであって、それ以上ではないからです。

次に、嫉妬などの負の感情はご法度だということです。
楽しむための関係がセフレです。

大人の関係のセフレの場合、相手が他にもセフレを持っている場合も無いではありません。
そんな場合に嫉妬などは邪魔な感情ですね。

立場が逆で相手がそうした感情を抱いた時には、これも関係の終わりを覚悟しなくてはなりません。
セフレはセフレであって、恋人でも配偶者でもないのです。

また身体の相性についてもです。
人間は日々変化していくものです。

これまで問題のないほどに良かった身体の相性が良くなくなってきたら、これも関係解消の時期でしょう。

セックスフレンドという意味のセフレです。
身体の相性は大事です。

そしてこれらの条件に従うのが難しくなった、もしくは相手が条件を超えてきた場合、さっぱりと関係解消できる、これも大人のセフレの条件なのです。

セフレという関係自体、本来は大人のものです。
なので大人のセフレ関係というのも、ちょっと変な言葉ではあるのです。

実はすべからくセフレというもの、こうした割り切った関係でありたいものです。

身体の相性と少しの心の相性、何かあったときには後腐れなく別れることのできる関係、それが大人のセフレ関係なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です