セフレを求める女性が持つ不満の彼女たちは何を求めているのか?

男性の多くは「セフレ」という言葉に憧れを持ちます。
セフレができればいつでも誘えばセックスができる、しかもお相手もセックスするだけの関係を望んでいるとくれば、男としてはいつでもどこでもセックスがやりたい放題。

風俗だとお金がかかるがセフレならばほぼ0(かかってもラブホ代程度)。
ただ、ホントにそんなに都合のいい女なんているのか?仮にいたとして彼女たちは何を求めてセフレになれる男を探すのか?と思いますよね?この記事ではそういった点を探っていきたいと思います。

純粋に彼氏のセックスに満足していない女は存在する

世の中というのは上手くいかないもので、カップルとして付き合っている男女のセックス相性が必ずしもいいとは限りません。
付き合い始めて何度かHするとだんだん相性が分かってきて、女性の方が彼氏のセックスに不満を抱くようになるというパターンも結構多いのが実態です。

ただ、人間的には彼氏のことが好きな場合、別れようということろまでは考えない。
結果、彼女たちはこっそりセフレを探し、性欲はそのセフレと発散させようと考えるわけです。
ちなみにそのセフレの男には恋愛感情は持ってほしくありません。

当然ながら自分には彼氏がいて、セフレはあくまでも性欲を満たすだけの存在だからです。
なのでこっそり秘密を守ってくれることも条件になるわけですが、そこさえクリアになれば金銭なんてものも不要、って理屈になるわけです。

自分が女であることを再認識したい女性もセフレを探しがち

結婚して旦那さんとセックスレスになったような女性もセフレを探しがちになります。
理由としては自分がもう女として見られていないのでは?という軽い不安からセフレ探しに走るという可能性も否定できません。

なので結婚して子供もいてはたから見れば何の問題もなさそうな家庭の奥さんが、出会い系サイトでセフレ探しをしているといったパターンはよくある話です。

彼女たちは運よくセフレを見つけ、お相手とのセックスで「イイ女だね」などと耳元でささやかれますと「自分はまだ女としてイケる」と再確認します。

つまり、セフレを作ることで女を取り戻せるというわけで、その目的が達成されれば満足。

彼女たちも金銭的なものは一切望んでいないというわけで、このタイプの女性をゲットできれば、男としてはタダでセックスがやり放題、という状態が作れるというわけです。

ここまで読んでいかがでしょうか?純粋にセックスできるセフレを求めている女性がいることがお分かりいただけたと思います。

こういった女性側の心理を理解しない時点では

「セックスだけしたい女なんているはずがない」

「仮にいたとしてももしかしたら騙されてて、後々ややこしいことになるんじゃないか?」

などと思ってしまっても不思議はないですが、女性側にもいろいろと事情があるのです。

なのでそのタイプの女性を見つければ、セフレが作れていつでも誘えばやりたい放題。
しかもセックスで満たしてあげれば彼女たちも大喜びで、お互いがハッピーな状態というウインウインの関係にもなれるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です