引き上げメイクで若返りを目指す

若い頃と同じように化粧をしている女性も少なくないと思います。

ですが、年齢とともに顔も肌も変わってきます。
そのため、「引き上げメイク」でリフトアップを目指しましょう。

年齢とともに顔は下がってしまう現実をも変えてしまうメイク

年齢とともに表情筋も弱ってしまい、肌自体も痩せて弾力を失ってしまいます。
そうするとどうなるのかというと、顔全体がたるんで下がってしまいます。
これが老け顔に見える最大の要因だと言えます。

では若々しい顔をキープするためには、メイクでリストアップをする事が重要になってきます。
どうすればリストアップできるのかというと、顔の中央ゾーンをの凹みが気になる部分をコンシーラーで消します。

凹んだ部分とは、目尻やほうれい線が目立つ原因となる鼻の脇の部分が該当します。

ただし、コンシーラーの厚塗りは余計に老け顔に見えてしまうので厳禁です。肌に馴染むモノを選んで下さい。

そしてリフトアップのポイントは目元です。
目尻も下がってしまうので、下がった目尻をアイラインで上向きにします。

頬の位置も上がって見えるように、チークは高めの位置で上昇楕円形でこめかみに引き上げる気持ちで塗りましょう。

チークとリップの色を揃える事で、厚化粧に見えずにナチュラル感を演出する事ができます。
そして弾力を失った肌にツヤ感を出すために、ハイライトで目尻からこめかみにかけてCカーブでツヤを足します。

フェイスラインもリフトアップが可能にする化粧とは

年齢とともにフェイスラインも下がってしまいます。
そのため顔が大きく見えてしまったり、二重あごになってしまいます。
フェイスラインはさすがに化粧では変えられないでしょと思うかもしれませんが、すっきり見せる事は可能です。

顔側面やあごの下など、たるみが気になる部分に、シェードカラーで影を作りましょう。

影を強調したいからと、あまり濃いシェードカラーを選んではいけません。
肌よりも少し暗い程度で、透明感のあるカラーを選びようにして下さい。
その方が仕上がりが自然になります。

たったこれだけで変わるの?と思う人もいるかもしれません。
ですが、いかにもリフトアップを狙って引き上げたという感じが表に出てしまうのはよくありません。

気付かれないぐらいさりげなく、ポイントポイントに重点を置く事で、自然だけど確実にリフトアップして見えるはずです。